筋膜リリース‐IASTM
器具支援軟部組織モビリゼーションとは

器具を用いた特殊な筋膜リリーステクニック

IASTM別名「器具支援軟組織モビリゼーション」は、特別に設計されたツールを使用した筋骨格損傷への手技療法アプローチです。ツールは、手術、怪我、筋肉の乱用によって引き起こされる状態の効果的な治療を支援するために開発されました。

IASTM治療は、組織の質を評価し、瘢痕組織、軟組織制限、慢性炎症または変性があると特定された領域を治療します。

IASTMには多くの利点があります。この治療法は、弱い腱、筋肉、または靭帯によって引き起こされる瘢痕組織の蓄積を終わらせるのに役立ちます。また、トリガーポイント注射、ドライニードリング、鍼灸よりも侵襲性が低くなります。IASTMは、従来の軟組織動員よりも細胞レベルでより多くの変化を生み出します。大量の年齢の間に器具を使用することは、個々の細胞への血流と栄養の循環を促します。さらに、指先だけでは、難しい軟組織のテクスチャのの微妙な違いを検出する事が可能となりあす。
IASTMの主な焦点は、炎症反応を誘発するために体の領域に制御された微小外傷を作成することです。この炎症はリリースプロセスの後に起こり、このシナリオで炎症を使用すると、怪我につながる軟部組織機能不全による動作パターンを改善するのに役立ちます。軟部組織の機能障害のある患者は、治癒するために軽度の炎症が必要になります。

IASMT説明(英語)

こちらはIASTM治療の解説動画です。英語ですが、アニメーションを見ているだけでも面白いかもしれません

IASTM治療で得られる4つの恩恵

凝りが圧倒的に軽くなる
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
痛みが圧倒的に改善する
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
身体が軽くなり動きが楽になる
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
力が出しやすくなり安定する
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

グラストンによる構造的組織変化

グラストンテクニック(GT)は、特別に設計されたステンレス鋼の器具を使用して、臨床医が軟組織の線維化または癒着を示す体の領域を特定および治療するのに役立つ非侵襲性の軟組織テクニックです。

線維症または癒着の領域は、首の痛みから足首の捻挫に至るまでのいくつかの損傷を伴う筋肉および結合組織に見られると考えられています。

器具が患部上を移動して軟組織と接触すると、この作用により、組織が互いにスライドして正常な動きと可動域を得る能力が回復し、組織の層間の滑走不全が減少します。

このプロセスは付着した繊維を減らし、可動域を回復し、関連する痛みを取り除くのを助けます。それはあなたの軟部組織の損傷を健康に機能する組織に変えるのを助けることができます。


IASTMを詳しく知る

IASTMの先駆者‐グラストン

当店はグラストンテクニックⓇの認定プロバイダーです

最も一般的に行われている器具支援療法の1つは、グラストンテクニックです。

グラストンテクニックは、器具を利用した軟組織動員(IASTM)の一種であり,

Grastonは、医療提供者や手動療法士が軟部組織の損傷や痛みのある部位を効率的に治療できるように、さまざまな輪郭の器具を設計しました。

彼らは怖いように見えるかもしれませんが(そのうちの1つはバールのように見えます!)、私はあなたに保証します、彼らは極端に苦痛を伴うことを意図していません!

グラストンテクニックはどのように作用しますか?

グラストンテクニック(GT)は、特別に設計されたステンレス鋼の器具を使用して、臨床医が軟組織の線維化または癒着を示す体の領域を特定および治療するのに役立つ非侵襲性の軟組織テクニックです。

線維症または癒着の領域は、首の痛みから足首の捻挫に至るまでのいくつかの損傷を伴う筋肉および結合組織に見られると考えられています。

グラストンテクニックを使用すると、医療提供者は、変化を引き起こすために必要なだけ組織に深く入り込むことができますが、患者の痛みと耐性に敏感です。

器具が患部上を移動して軟組織と接触すると、この作用により、組織が互いにスライドして正常な動きと可動域を得る能力が回復し、組織の層間の癒着が減少します。

瘢痕組織を破壊すると主張する人もいますが、それを行うのはメス(手術)と長期間にわたる健康的な動きだけです。

やがて、このプロセスは付着した繊維を減らし、可動域を回復し、関連する痛みを取り除くのを助けます。それはあなたの軟部組織の損傷を健康に機能する組織に変えるのを助けることができます。

GRASTONまたは他の器具支援軟組織動員(IASTM)療法の経験から何を期待できますか?

グラストン治療(または他の種類の器具を利用した軟組織治療)の感覚は、軽いアクティブな動きまたは全体に伸びるマッサージと組み合わせることができます。

強度は、患者の痛みへの耐性に合わせて簡単に変更できます。典型的な治療は長くする必要はなく、望ましい効果を得るためにほんの数分続くものもあります。

ほとんどの軟部組織の問題/損傷と同様に、治療は、望ましい効果を得て、患部の健康な機能を回復するのを助けるために、後で何らかの運動と組み合わせる必要があります。

軟部組織の損傷とは何ですか?

軟部組織の損傷には、体のどこかにある筋肉、靭帯、腱、筋膜の損傷が含まれます。一般的な軟部組織の損傷は、通常、捻挫、緊張、身体への打撃によって発生し、挫傷(血管の破裂/あざ)、または特定の身体部分の乱用を引き起こします。軟部組織の損傷は、痛み、腫れ、あざ、機能喪失を引き起こす可能性があります。軟組織内の癒着は、繰り返しの緊張、手術、固定化、または他のメカニズムの結果として発生する可能性があります。

怪我の後の炎症は、瘢痕組織の蓄積につながります。これは絶対に正常であり、瘢痕組織の目的は、損傷した組織を補強することです。代わりに、それはその領域を弱くすることになります、そしてここに理由があります:瘢痕組織は不規則な方法で置かれ、物理的な弱点を作ります。弱い腱、筋肉、または靭帯は、負傷する可能性が高く、したがって、結果として追加の瘢痕組織が蓄積する可能性が高くなります。これを怠ると、雪だるま効果が発生し、トレーニングが失敗したり、生活の質が低下したりする可能性があります。IASTMが停止できるのは悪循環です。

IASTMの主な焦点は、炎症反応を誘発するために体の領域に制御された微小外傷を作成することです。はい、この炎症は意図的なものです!従来の知識により、炎症は悪いと私たちは信じるようになりましたが、それは必ずしも真実ではありません。治癒するには少し炎症が必要です。IASTMは、繊維の方向を再編成するのにも役立ち、筋肉、腱、靭帯の弾力性を高めます。瘢痕組織は筋肉が適切に伸びるのを妨げる可能性があるため、IASTMは、そもそも怪我につながる機能不全の運動パターンを改善するのに役立ちます。

IASTMはあなたに適していますか?

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

IASTMは、次の症状を緩和するために使用できます。

制限された動き運動中の痛み運動制御の問題(筋肉の活性化/調整)筋肉の動員の問題

OrthoBethesdaでは、通常IASTMで治療される一般的な症状には、腱障害、アキレス腱板、回旋腱板損傷、ITバンド症候群、足底筋膜炎などがあります。

IASTMは何をしますか/どのように機能しますか?

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

多くの場合、軟部組織の損傷のある患者は、損傷が慢性化するまで(損傷後数週間/数か月)、理学療法を求めません。この時点で、体は自己回復プロセスのほとんどを完了しています。瘢痕組織と癒着は、この治癒過程で形成され、動きを制限し、しばしば痛みを引き起こします。

瘢痕組織と癒着は、本質的にあなたの体の瞬間接着剤のように機能します。損傷後に瘢痕組織が形成されると、新しい細胞が過度に無秩序に配置されます。瘢痕組織/癒着は、筋肉または他の組織が適切に伸びることを妨げます。

理学療法士は、患部の軟組織を改造するために、治癒プロセスを再開する必要があることがよくあります。IASTMを使用して、影響を受けた軟組織に制御された微小外傷を導入することにより、局所的な炎症反応が刺激されます。この微小外傷は、不適切または過剰な瘢痕組織の再吸収を開始し、影響を受けた軟組織構造のリモデリングを促進します。

IASTM治療後、瘢痕組織をリモデリングして、細胞が動きをより促進する方向に組織化されるようにすることができます。研究によると、治療後の可動域、筋力、痛みの知覚が改善され、IASTMの臨床的利点が示されています。

IASTM治療後に何を期待すべきですか?

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
第一段階の治癒を再開するIASTMの能力は、それが本質的に体を再損傷しているという事実に由来することに注意することが重要です(ただし、程度は低いですが、制御された方法で)。これは、手順中に軽度の不快感を引き起こす可能性があります。患者は、治療後1〜2日、治療部位に痛みを感じることがあります。あざが発生する可能性がありますが、これは一般的でも望ましいことでもありません。

改善する前に、いくつのIASTM治療を期待する必要がありますか?

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
結果は個人によって異なります。患者は通常、週に2回、4〜5週間にわたって治療を受けます。ほとんどの患者は、3回目または4回目の治療で陽性反応を示します。

典型的なIASTM治療セッションには何が含まれますか?

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
組織を温めて柔軟性を高めます(熱、有酸素運動など)。IASTMを実行する適切な運動パターンを促進するために軽い運動をする

IASTMはしばしば自宅での運動を伴います。筋肉を伸ばして、怪我の領域に柔軟性と強化を構築します。理学療法士が処方したホームストレッチやエクササイズを行う患者は、プロセスを大幅に加速します。

IASTMによる副作用はありますか?

問題のない部位で、いくら強くアプローチしても皮下出血斑は出現しません
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

GrastonTechniqueまたはIASTMから発生する可能性のある副作用は、あるとしても軽微であるはずです。

患部の周りに軽度の圧痛または赤みがあるのは正常ですが、これは数時間または数日後に解消するはずです。望ましい効果を得るためにこれは必要ではありませんが、その領域の周りに若干の小さな打撲傷があることも異常ではありません。

IASTM治療は、スポーツ整形外科障害
-筋筋膜性疼痛症候群に効果的です

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

•アキレス腱障害

•足首の捻挫

•手根管症候群

••頸部捻挫/捻挫(首の痛み)

••腰椎捻挫/捻挫(腰痛)

•外側上顆症/炎(テニス肘)

•内側上顆炎/炎(ゴルファーの肘)

•膝蓋大腿障害(膝の痛み)

•足底筋膜炎/足底のかかとの痛み(足の痛み)

•回旋腱板腱障害(肩の痛み)

結論として、Grastonテクニックは、他の器具支援軟組織テクニックとともに、さまざまな怪我や問題を支援することができます。

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

自己適用軟組織治療に使用されているさまざまな家庭用品の使用に関して、多くの質問があります。

これらの質問はすべて良い場所から来ており、人々が自律して自分の手で治療を受けられることを望んでいることを常に嬉しく思いますが、このような治療はタンジェロの訓練を受けた専門家に任せるのが最善です。

これらのアイデアのいくつかは家庭では危険である可能性があることに注意してください。治療の結果(強度、期間、適切な運動との組み合わせ)は、回復船を正しい方向に操縦するために専門家に任せたほうがよいでしょう。

怪我や手術の後に痛みを感じたり、慢性的な筋骨格系の状態に苦しんでいますが、それは改善されていないようです。

希望を失わないでください!

参考研究論文

Resources:

Markovic G. Acute effects of instrument assisted soft tissue mobilization vs. foam rolling on knee and hip range of motion in soccer players. J Bodyw Mov Ther. 2015;19(4):690-696.

McDonald B, Pittman K, Menezes GB, et al. Intravascular danger signals guide to neutrophils to sites of sterile inflammation. Science. 2010;330:362-366.

Butterfield TA, Best TM, Merrick MA. The dual roles of neutrophils and macrophages in inflammation: a critical balance between tissue damage and repair. J Athl Train. 2006;41(4):457-465.

Laudner K, Compton BD, McLoda TA, Walters CM. Acute effects of instrument assisted soft tissue mobilization for improving posterior shoulder range of motion in collegiate baseball players. Int J Sports Phys Ther. 2014;9(1):1-7.

Hammer Wl. The effect of mechanical load on degenerated soft tissue. JBodyw Mov Ther. 2008; 12:246-256.

Schaefer JL, Sandrey MA. Effects of a 4-week dynamic-balance-training program supplemented with Graston instrument-assisted soft-tissue mobilization for chronic ankle instability. J Sport Rehabil. 2012;21(4):313-326.

IASTM治療のQ&A

  • Q
    金属アレルギーでも使用できますか?
    A
    医療グレードのステンレス銅を使用している為、金属アレルギーを起こしません。
    どなたでもご安心してご使用いただけます。
  • Q
    肌に直接行って痛みはないですか?
    A
    IASTM‐Feather™では、当たりの優しいエッジと、当たりの強いエッジを備えており、患者様の痛みが出ないレベルでの施術を可能としております。御安心してお受け頂けます。
  • Q
    皮下出血が痛そうだけど跡になったりしないですか?
    A
    皮下出血が残り続ける事はございません。1~2で綺麗に吸収されます。また、皮下出血が出現するほどの刺激が入った場合は、施術直後よりも、施術2~3日後に「主訴」の状態が良くなっているはずです。
  • Q
    皮下出血が痛そうだけど跡になったりしないですか?
    A
    皮下出血が残り続ける事はございません。1~2で綺麗に吸収されます。また、皮下出血が出現するほどの刺激が入った場合は、施術直後よりも、施術2~3日後に「主訴」の状態が良くなっているはずです。

IASTM認定資格をご希望の方へ


筋膜リリース資格講座

筋膜リリーススペシャリスト協会
【EXA-イグザ】の協会理念

理論的に「クライアントの悩みを改善できるプロ」を育成する事を目的とます。
その入り口として、「筋膜リリースに対する誤った認識」を変えてゆき、理学療法の原理原則を学び、「ゼロからプロ」を目指します。


浦和姿勢改善ロルフィングスタジオ
エクリエンス

支部
埼玉支部
建物名 エクリエンス
協会運営元 小川精機株式会社
アクセス
埼玉県さいたま市浦和区木崎2-29-12
アクセス
埼玉県さいたま市浦和区木崎2-29-12
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。